ドロシーパーキンス・ピンク色一面のお庭に囲まれて・・至福の時♪

梅雨の晴れ間に、一面のドロシーが心を和ませてくれます。
お友達のリクエストで写してみました。
上手に写せたらもっと素敵なのでしょうけど・ ・ ・ね。
小さい頃はピンク色なんて自分の中にない程。おてんばで女子的なものとは、程遠かったけど(笑)

やっぱり綺麗!!可愛い!!ピンク色。
季節は移り変ろうとして、ラベンダーやアナベルにバトンタッチ、そんな季節に・ ・ ・遅咲きのバラがこんなにも美しく咲いてくれるなんて、ドロシーを植栽して良かった!!
アドバイスをいただいたwood-chipsさんはバラの季節を楽しむ方法をしっかり伝えてくださいました。

そんなこんなで、遅咲きのバラの魅力に取りつかれ、もう一本遅咲きのバラを植えたいと目論み中(笑)。
構想とは裏腹、現実は。
植える場所あるの???
場所はなくても、探すのよ!!!

バラのお悩み、至福の時。
f0166982_21101135.jpg

f0166982_2056405.jpgf0166982_2102883.jpg

f0166982_2162590.jpg

f0166982_2115549.jpg


f0166982_213779.jpgf0166982_213227.jpg

[PR]

by printotomoni | 2012-06-15 21:25 | バラ | Comments(6)

Commented by hanachan at 2012-06-15 22:59 x
azukiさん、リクエストにお答えいただきありがとうございます♪
1週間で膨らみましたね~。
溢れるように咲き乱れとても素敵です♡。
バラの季節の終わりにこんな景色に出会えるなんて幸せですね~。
ドロシー、やっぱり白とお似合いですね。
あ、バラ会のお友達とか…私のブログを見て&お兄さんの話を聞いてazukiさんのドロシーを見たいわっておっしゃる方がいらして…ドロシー見学バスツアーですかね(笑)

え?azukiさんおてんばさん?意外ですね~^^。
もう1本遅咲きのバラですか。
良いですね~。
Commented by azuki at 2012-06-16 09:23 x
hanachan おはよーございます♪
エヘヘ なかなか可愛く撮れません。
これより数倍可愛いですよ(笑)
ほんと、溢れるように咲き乱れ、ぽんぽんピンク色の塊で
手そえてぽんぽんと遊んでしまいます。
ドロシーはパーゴラのような高い場所は効果的ですね。

hanachanのお庭もアドバイスをいただけば、また違った風景になるのでしょうね。来年に心をつなげます。
そしてもう一本小さくて可愛いのがいいかな。

Commented by なみちゃん at 2012-06-16 17:28 x
2階から見ると、また別な雰囲気
満開を迎えたらまさにバラに囲まれたデッキ!ですね
azukiさんのドロシーに感化されて、私もドロシーを植えたけど
ついでに遅咲きの小輪バラにもハマってしまいました
バラの力で風景を描けるって素晴らしいですね
今まで、大輪にばっかり目がいってたのがもったいなかったって思います
もう1本はなにがくるのでしょう? 楽しみですね
Commented by azuki at 2012-06-17 17:25 x
なみちゃん
こんにちは。

主人が2階からの景色がいいよ。って言ったので見てみると
これもまたちょっと可愛かったです。

遅咲き小輪のバラはどんな子がいいでしょう。
もう既に仲間入りしてるのでしょうか(笑)
ここまで景色を作れるなんて想像できなかったので大満足の
締めくくりとなりそうです。
梅雨の晴れ間も丁度よく、最後までいい天候でした。
なみちゃんのお勧め教えてください~♪
Commented by すぬう at 2012-06-17 22:09 x
うぎゃ~!!!!す・・素敵すぎですぅぅぅぅぅ~
鼻血出そうになっちゃいました(笑)
可愛いピンク!しかも微妙に色も違ったりするから
またそこがコントラストになって・・うっ・・鼻血止まらん
こんな素敵だと、通りを歩く人も癒されちゃいますね~
私だったら通報されちゃうくらい見入るちゃう!!
ここまでにするのって大変だっただろうけど
この瞬間にすべてが報われちゃいますね♪
Commented by azuki at 2012-06-18 00:14 x
ありがとうぅぅぅぅ~~さんです♪
鼻血ぶぅーなんてあったけど(笑)可笑しいー(笑)

そう少しずつ退化してちょっと白っぽいのもあったりで・・・
ちょこっとグラデーションしています。

私としては、見ていただいて癒されていただけるなら感謝、感謝です。
ここで写真撮らせてもらっていいですか~なんて言われて
嬉しくて、どうぞ、どうぞと喜んでお願いしました。

配達のおばちゃんからは、ここが私のNO1なんですよ。と嬉しいお言葉。
これからもこのままの私の好きを続けていけばこれでいいのかなと。
ー意味もなく納得(笑)したこの春でした。