プリン

昨日はプリンの命日でした。
2007.12.14 3回目の命日です。

何故だか・・

そこに居たはずなのに・・・
記憶の中では、もう随分と前の出来事かのように・・・
とても不思議な感覚なのです。

毎日出かけるときも、帰ったときも、お休みの時も、
家族に何か心配事があるときもラブとプリンにお願いして・・・
忘れた事など一日もないのに。

でもね。
少しずつ薄れていく記憶だからこそ人は生きていけるのかもしれませんね。
f0166982_216324.jpg

元気だった頃、お友達に作っていただいたプリンちゃんだけがいつも傍で見てくれてます。




[PR]

by printotomoni | 2010-12-15 21:10 | 愛犬 | Comments(4)

Commented by hanachan at 2010-12-15 23:27 x
azukiさん、こんばんは。
ここ数日、ふと私もそんな事を考えていました。

決して忘れた事はないのに時間とともに悲しみの深さが変化してくるんですね。
時にそれも寂しい気がして。
心が維持できるように体の仕組みがそうできているのかもしれないですね。
そうでないと辛すぎますもんね。
Commented by azuki at 2010-12-16 21:30 x
hanachan こんばんは。
冷えてきましたねー。

本当に心が落着くまでには、とても時間がかかります。
これからもまたそういう経験をしてしまうかもしれないけど・・・だからこそ毎日元気に笑顔で暮したいなと思う毎日です。

先日はありがとうございました。
バラの事考えると、元気がでてくるから不思議です(笑)
Commented by すぬう at 2010-12-22 16:59 x
そっかぁ・・プリンちゃんの3回目の命日だったんですね。
azukiちゃんの様に、悲しみとは違うなにかに
私もなれるのでしょうか。
なれたらいいなぁ~。
Commented by azuki at 2010-12-22 21:29 x
すぬうちゃん こんばんは。

そうなんですよ☆
お星さまになってまだ3年。いえもう3年。
そんな想いが交互に・・・押寄せてくるけど無理せずに流れのままにしています。

その時、その時で
気持ちのままに・・・大切にしていい気がしますよ。
『思い出して、浸る気持ち』もまた良い供養になると思うし、きっと自分の中でふわっとお空に返してあげれる時がくる気がしますよ。

浸っている間にも傍でニャンニャン『ご飯ちょうだい~』です(笑)
まだまだ二匹に手がかかるし・・それで救われてるのかもしれません。